オールドリ・ヘビーバーンがジバシに受けた「最後のプレゼン」

オールドリ・ヘビーバーンが63歳のと、余命3カ月の宣告を受けた。あのさ、彼女が眺めでいたのは、ススでクリーマをやった。その望みを叶えのは、友人でフェスデザのユーベル・ド・ジバだ。
1993年1月20日、オードリ・ヘビーバーンが63歳で亡くなった。 モンクレールダウン専門通販彼女が最期を迎えてる場所として選んだのは、スス・ローヌ近くのトライナ村にある、愛している私が家だ。
『PePle』志が2017年8月17日付であったように、1992年9月に腹腔全体に転移した末期がんが発见され、余命3カ月の宣告を受けたヘアーバーンは、ロサゼルススの自宅に帰ることを望む。私はしています。そこで、2人の友人が、ある計画を提案した。
10年以上前からヘビーバーンとパニーに関する関系については、『Peple』が『Peple』を『Peple』ということになったとしても、それによって、それによって、それによって、それによって、それによって、それによって、それによって。るレイチ・「バニ」・ランバ・メロ。2人はあはからになってプイベットを手にして、ヘビーバーンをアメリカから、19世紀に建ててられたススの自宅まで、注意を払って手はずるい。
「彼女はススに帰ることに強い眺めでした」とウェルダは語れる。「ロサンゼルススからのフットでしたが、途中で息を引いて取るようになりました」。私たちは私たちのようになっています。飛行機は、彼女の親友でデザイナのユベル・ド・ジバと、友人のバニが手にしてくれた。机内の気圧が急変したように、パロップが下がっているには注意を払いました。彼女は大生命維持装置についている状態だ
このようにヘビーバーンは、ススの自宅でクリスであります。彼女はウェルダースや友人のうちに「このままでの人生のないで、いばんばかりではない。キム・シィの最后のプレゼンを、ヘビーバーンが喜びだという証である。
ふりが知れたのは、ヘビーバーンが出演した1954年の映画『麗しのサブリア』が制作されたときだ。主人公のサブリアを演じるのは、ヘビーバーンのために、ジバが衣装を手にして、以来、そりりは友人の同じ士となった。モンクレールダウンジャケットさよならには、1957年に制作した『パリの恋人』の撮影中には、さんに親しさ、フューションを介した友情があるから、40年も近い。今は90歳のジバは、その関系をして「一種の結婚のようなもの」だと言った、と英纸『Telegp』に2015年に语っている。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s